2020.08.11

Blog

ブランドストーリー

テクノロジーは、時間の経過とともに世界と私たちの生活を再形成しました。人類が発明した最も強力なツールの1つはコンピューターです。情報とコンピューティングの力は、Internet of Everythingの未来の中心となる推進力になります。

今日の子どもたちは、生まれてすぐにテクノロジーに触れています。子どもたちがテクノロジーにアクセスして理解できるように指導する必要があります。子どもの発達に関する研究で知られるスイスの心理学者、ジャン・ピアジェは、子どもたちは自分の認知構造の構築者であると信じています。 Ofcom(英国情報通信庁)の調査結果によると、6歳児は45歳の大人と同じように技術的に認識しています。科学のコアリテラシーとしてのComputational Thinkingなど、テクノロジーのコアコンセプトを早期に理解することもできます。 1980年代にMITのAIラボにいる間に、シーモア・パパート教授は、子供たちが計算の考え方を「具体化」できるようにすることを目的として、LOGOプログラミング言語を開発しました。コンピューターの操作方法を理解する過程で、子供たちは自分の知識を数学や物理学の領域と結びつけると彼は信じています。

私たちは子どもたちが技術を習得し応用できるように指導するべきです。 彼らは、目覚まし時計やコンピューターなど、人生のすべてを理解し、設計し、変更できることを理解する必要があります。 テクノロジーは、子どもたちが認識するためのツールであるだけでなく、創造するためのツールでもあります。

Matatalabは当初から、世界中の子どもたちに認知的で創造的なテクノロジーツールを提供すること、そしてご家庭や教育機関の支援コースを提供することを常に決意してまいりました。私たちの意図は、子どもたちが世界に立ち上がって世界を変えるために技術的な自信を養うのを助けることです。

設立から2年後、同社はMatatalab Coding Setをリリースしました。これは、3歳から9歳の子供向けのスクリーンレスで実践的な機能を備えたプログラミング入門向け製品です。 Matatalab Coding Setを使用すると、子ごもたちは、コントロールボード上のシンプルで直感的な命令コーディングブロックを扱って、マップ上のロボットに対応するアクションを実行するように指示するだけで済みます。この体験は、新しい知識、新しい経験をもたらすだけでなく、子どもたちに新しい楽しみを与え、これまでに出会ったロボットとは区別されます。ほとんどの従来のロボット製品は、子どもたちに何をすべきかを教えるように設計されています。今回は、子どもたちがロボットに指示することができます。パッシブユーザーからアクティブな探検家、デザイナー、問題解決者となり、子どもたちは喜びを持ち、自分のプログラムをより多く作成する意欲を持ち、それによって、自律性、能力、および達成感が促進されます。さらに重要なことに、彼らはそのようなプロセスで計算だけでなくデザイン思考をマスターすることができます。入門セットに加えて、製品とコースを充実させ、より多くの子どもたちに高品質の教育リソースを提供し、好奇心を保護し、革新を奨励し、彼らが自分の可能性を探り、実現できるようにしたいと考えています。

子どもたちは世界の未来です。子どもたちの未来への道を築いています。


リション・スー  Matatalab 創業者& CEO

カテゴリ
アーカイブ
キャラクター

©2022

matatalab

/

Xpand